カテゴリ:読書タイム( 4 )

「錦繍」

「何か好きな本をあげてみて。」と言われたら、おそらく真っ先にあげられるのは宮元輝の「錦繍」です。先日から時間を見つけては夢中になって読みふけっているのですが、これでこの本を読むのはおそらく3回目位だと思います。昔、宮元輝大ファンの主人に薦められて初めて読んだのがきっかけですが、私もすっかり好きになってしまいました。まだまだ全部の作品を読んでいないのですが、「錦繍」は特に心に残る特別な本です。
お話は10年前にある事件がきっかけとなり、別れた夫婦のやりとりが書簡形式で綴られ物語が進んでいきます。読み始めるとすぅっとその世界に引き込まれていき、この手紙をやり取りしている人物達が本当にいるのではないかと思わず錯覚してしまう程。人間の永遠のテーマであると思われる「恋愛」のことや「生死」のこと、本文からの言葉を借りると「宇宙の不思議なからくり」、「生命の不思議なからくり」・・・。何度読んでも強く感銘を受けます。初めてこの本を読んだのはまだまだうんと若い時だったけれど、大人になった今読んでみると、また少し違った感じ方ができます。
f0094620_2083689.jpg

映画やドラマ等、映像化されたものを観るのも面白いですが、やっぱり読書には読む人自身にしか感じ得ないものがあり、作品を書く人の魂を感じます。
[PR]
by heartstrings-bear | 2007-06-01 20:07 | 読書タイム

みつけた。

最近よく古本屋さんに行くのですが、先日は余り欲しい本がなくそろそろ帰ろうかな・・・と思っていたところ、ちらっと目にした文庫本の棚に大好きな安房直子さんの本を見つけました。コレクションは全部読みきっていたので、もう知らないお話は余りないかも・・・と思っていたのですが、手にとって見ると、ほとんどが読んだことのないお話。嬉しくて、即購入して帰りました。*^-^*
主人も言っていましたが、「本は巡りあわせ。」ですね。これから時間を見つけて、ゆっくり読もうと思います。
f0094620_1321256.jpg


読んだことのない安房直子さんの本を見つけられたのは幸運ですが、もう新しいお話は読めないのだと思うと、やっぱり少し切なくなります。
[PR]
by heartstrings-bear | 2006-06-05 13:05 | 読書タイム

ついに・・・

新たに2冊の本が届きました。ネットの本屋さんで購入したのですが、朝注文をして即日の夜に届いたのでびっくり。本当にネットって便利で嬉しいですね。
届いたのは大好きな安房直子さんのコレクション「ものいう動物たちのすみか」と「恋人たちの冒険」。少しずつ楽しみに集めていたのですが、今回届いた本で、ついにコレクションの全てが揃いました。安房直子さんの本は、あるお友達のHPで紹介されていたのをきっかけに読み始めたのですが、一冊読み終えた頃にはもうとりこになってしまいました。コレクションには、子供の頃を思い出させてくれるようなノスタルジックな雰囲気のお話や、ちょっと不思議で怖いお話、少し切ない恋のお話など、素敵な作品がたくさん収録されています。活き活きとした動物たちが出てくる作品は少し宮沢賢治を思わせるよう。ページをめくって、物語の始めの一行を読んだだけで、もうすっとそのお話の世界に入り込んでしまいます。本にイラストなどが全くなくても、その美しい文章から鮮やかな色彩までが自然と浮かんでくるのも、本当に素晴らしいと感じさせられます。小さな子供がいたら、きっと読み聞かせてあげたい大好きな本。繰り返し大切に読みたいと思います。
f0094620_15114521.jpg

[PR]
by heartstrings-bear | 2006-04-02 15:15 | 読書タイム

届いた♪

ず~っと欲しくて探していた夢の本がついに届きました。これは10年以上前に扶桑社から出版された「TED-テディベア大全-」という本。残念ながら今はもう絶版になってしまっていて、中古でもなかなか見つけることが出来ず、ずっと探していたのです。偶然ネットショップで状態が良くお手ごろな値段で出品されているのを見つけて、迷わず注文。届いた日から嬉しくて嬉しくて、夢中になって読んでいます。中を開けてみると、テディベアの生誕90周年を記念して出版されたというだけあり、ベアの写真も装丁も素晴らしく綺麗で豪華。ベアと深くかかわりのある人々のインタビューも興味深く、読み物も充実しています。今ももちろん、新しいベアを作っているのですが、しばらくは夢中になって読んでしまいそうです。
f0094620_12211062.jpg

[PR]
by heartstrings-bear | 2006-03-03 19:20 | 読書タイム