カテゴリ:etc.( 8 )

終戦記念日

明日は終戦記念日ですね。
毎年暑い夏が来ると子供の頃、「戦争について学ぶ旅」として、日本人・中国人・韓国人等、様々な国々の人と共にグループを組んで夏休みに沖縄・長崎を旅したことを思い出します。
滞在は沖縄がほとんどで各地を見学しながら沖縄戦について調査を続けている方のお話を伺ったり、ひめゆりの塔の生存者の方の体験談を伺ったりしました。
帰り道の8月9日には、長崎の原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列し、被爆者の方のお話を直接伺い、原爆資料館にも足を運びました。
大人になった今でもお話のほとんどを覚えていますが、実際に被爆経験者の方のお話を伺いながら、今こんなにも穏やかで美しい町で、昔本当にこんな悲惨なことが起こったのかと信じられない思いでした。今、自分がこうして立っている場所にも、とてつもなく辛く苦しい思いをして命を落としていった人々がいたのだろうと思うと、足がすくみ悲しみや恐ろしさで胸が苦しくなったことを覚えています。実際のお話や資料はやはり衝撃的で、正直に言って恐ろしくて幾日も幾日も眠れない夜を過ごしたことを思い出します。
「辛いから、怖いから見たくない。」そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、世界で唯一の被爆国である日本人ならば、せめて1度は目を背けず、広島や長崎で昔何が起こったのか知るべきだと、今も感じています。

昨日やっと、以前から観たいと思っていた映画をDVDで観ることができました。
井上ひさしの同名戯曲を映画化した「父と暮せば」です。
f0094620_138136.jpg

この作品は原爆投下から3年後の広島が舞台。原爆で生き残ったことに罪を感じ、幸せになることをかたくなに拒む娘のもとに、原爆で亡くなった父が亡霊となって現れます。
原爆により亡くなった人も、そして生き残った人も、心と体に大きな傷を背負い生きなければならなかったのだとこの作品を観て感じました。
まだご覧になっていない方がいらっしゃると思うので、ラストは伏せておきますね。
登場人物はたったの3人。父親役に原田芳雄、娘役に宮沢りえが名演を見せています。
教科書にはおそらく載っていない原爆投下後の悲惨さをこの作品を通して少しでも知ることが出来るのではないでしょうか。
機会がありましたら、是非ご覧になってください。

映画「父と暮せば」公式サイトです。
http://www.pal-ep.com/father/index.html
[PR]
by heartstrings-bear | 2007-08-14 13:09 | etc.

手作りジャム

ご近所さんからキウイフルーツをいっぱい頂いたので、今朝からコトコトとジャムを煮てみました。今回はキウイとリンゴのジャム。レモンもぎゅっと搾ってたっぷり加えましょう。
f0094620_1030522.jpg

ビン五つ分のジャムが完成♪思っていたよりも沢山出来ました。
レシピ本の写真ではジューシーな感じの美しいグリーンでしたが、私が作ったのはちょっと深めの色。リンゴよりキウイの分量が多かったからかしら? 半々の分量なら綺麗なグリーンが出るのかもしれませんね。
f0094620_10191969.jpg

ひと匙、すくってちょっぴり味見・・・。キウイはこの粒々感がたまりません。うふふ。
次はどんなジャムを作ろうかな?
[PR]
by heartstrings-bear | 2007-03-24 23:36 | etc.

「てぶくろ」と温暖化

f0094620_1826489.jpg


毛糸を買いに出掛けた帰り道、本屋さんでとても懐かしい絵本を見つけて、迷わず買って帰りました。「てぶくろ」と言うタイトルで森の動物達が沢山出てくるお話なのですが、ご存知の方もいらっしゃるかな。子供の頃から動物が大好きだった私は、何度この本のページをめくったことでしょう。(それにしても、当時の記憶では表紙はもっと薄い黄色だったと思うのですが、新品はオレンジ色。随分日焼けしていたんですね。)

ストーリーは森の中、狩猟に出掛けたおじいさんが暖かそうな手袋を片一方落として行きます。その手袋を森に住むねずみが見つけて・・・ その後、かえるやうさぎ、キツネにオオカミ、私の大好きなクマも登場します。雪深い森の中、とてもとても寒そうなのですが、おじいさんの落としたミトンにもぐり込んだ動物達の暖かそうなこと。

f0094620_1828399.jpg


この本を今読んでみて、ふと思ったのですが・・・
今シーズンの冬はまさに暖冬でしたね。東京では初雪も降らず、このまま春がきてしまうようです。地球温暖化が進んでいるのはもう目に見えているようで、恐ろしくも思います。このままのペースで行くと、将来は本当にどうなってしまうのでしょう・・。ニュースによると今、着実に氷は溶け、ホッキョクグマも絶滅の危機にあるそうです。海を越えた遠い国のことではなく、私達の身近でも既に温暖化が原因で様々な変化が始まっています。
いつか小さな子供にこの絵本を読み聞かせる時、
「ねぇ、お母さん。ゆきって、なに? くまって、日本にもいたの?」
などと悲しい質問をされないように、私達ひとりひとりが今出来ることをしなければいけないと感じています。

最後に
アフリカのハチドリの物語をご存知ですか。

ハチドリのお話を探していたら、こんなサイトを見つけました。
ハチドリ計画 私達にできること
[PR]
by heartstrings-bear | 2007-02-16 21:31 | etc.

これは何でしょう?

f0094620_12273613.jpg


突然ですが、これは何でしょう?

答えは・・・

More
[PR]
by heartstrings-bear | 2007-02-14 13:00 | etc.

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申しあげます。

お正月、我が家では恒例の箱根駅伝の応援に行ってきました。
自宅から歩いて10分位で着くので、TV中継を見てそろそろかな?と思った頃に家を出ます。
まだかな、まだかな・・・?
赤い旗を持って待つこと数十分・・・。選手達がやってきました!

f0094620_00051.jpg

             「ガンバレー!!」

TV中継ではあまり感じられないかもしれませんが、実際選手達が走り抜ける所を見ると、本当に早い!
あっと言う間に駆け抜けていくといった感じです。

f0094620_015892.jpg

昨年の雪辱を果たし、今年は順天堂大学が総合優勝を果たしましたね。

今年のお正月も爽やかに走る選手達を見て、私も目標を持って頑張らなくては!と気合が入りました。ベア作りも頑張るぞー!
[PR]
by heartstrings-bear | 2007-01-04 00:19 | etc.

今年も残りわずか

毎年思うのですが、一日同じ24時間なのに12月になると時間がずーっと早く過ぎていくような感じがするのって、どうしてなんでしょう??
明日はいよいよ大晦日ですね。
手際よく家事を済ませて、おせち料理作り頑張ろうと思います。
皆様も楽しい年末年始をお迎えくださいね。

f0094620_2254432.jpg

モールで作った小さなクマちゃん達。今年最後のベアとなりました。
[PR]
by heartstrings-bear | 2006-12-30 22:57 | etc.

毛皮はどうやってとるの?

冬になると、コートやバッグ、手袋やアクセサリーに毛皮を使ったファッションが街中に溢れますね。おしゃれで暖かそうに見えるけれど・・・・。でも実際、毛皮はどうやって作られるのか皆さんは知っていますか?

つい最近、chobimameさんのブログ「ちょびまめにっき」の中の「これでも毛皮は必要ですか?」という記事を読み、とてもショックを受けました。

毛皮は中国などの工場で、犬やネコから取ったものを着色してミンクやラビット、フォックス等と偽称し値段を吊り上げて売られている場合が多いのだそうです。更に驚いた事が毛皮を取る方法です。食用に殺した後の動物や安楽死させてからというのではなく、毛皮を傷つけないようにする為、生きたまま意識のある状態で、生皮を剥がすのだそうです。その為、動物達は大変な恐怖と苦痛を味わいながら死んでいきます。そしてその後の亡骸は物の様に捨てられているのが現状だといいます。犬や猫の他、キツネやウサギ等の動物達も同じだそうです。

毛皮を取る為だけに多くの動物達が犠牲になっているということに驚いただけでなく、こんな惨いやり方で毛皮は取られているのだと知り、本当に驚きました。たかが人間のファッションの為に・・・。極寒の地で、どうしても動物の毛皮を着て肉を食べなければ生き延びる事ができないというのなら話しは別ですが、何でもあり選択できる国で、食べる訳でもなくただファッションだけの為にこんなにも多くの動物達を惨い目にあわせて良いとは到底思えません。

「毛皮はいらない連絡網」というサイト内で、シェパードと思われる犬が吊るされ、毛皮を剥がされている写真を一部見ましたが(あまりにも恐ろしくて写真の全てを見ることは出来ませんでした。)、とても恐ろしくあまりにも残酷でした。

もし、これが自分だったら??
もし、これが家族の一員として可愛がっている犬や猫だったら??

私も実際、お土産で頂いた毛皮のマラボーやコートの襟に毛皮が使われているものを持っています。今既に持っているものは、命をとってしまった訳ですから大切に使いますが、もう二度と、決して決して本物の毛皮のついているものは買わないと心に決めました。知らなかったとはいえ、動物達を惨い目にあわせることに加担していた自分がとても悲しいです。

私の様に毛皮がどのようにして取られているのか知らない人が少しでも減って、遠い国の動物達にもやさしい選択が出来る人が増えるようにと願っています。


毛皮はいらない連絡網 
URL: http://www.nofur.net/gen/index.asp
[PR]
by heartstrings-bear | 2006-12-12 20:09 | etc.

突然のお別れ

先日、親しくして頂いた方との突然のお別れがありました。しばらくお会いしていなかったので、お元気かな?お電話しようかな?と思っていた頃だっただけに本当に驚きました。
私は、いつだってお会いできる、声が聞ける、と思い込んでいたんですね。声が聞きたい、と思った時にどうしてすぐお電話しなかったのかと、後悔の気持ちでいっぱいになります。
確か歌の歌詞にもあったけれど、「いつも当たり前にあるものなんて、この世にはひとつもない」という言葉を身にしみて感じています。
[PR]
by heartstrings-bear | 2006-12-01 18:39 | etc.